2016年6月13日 (月)

女の子らしく走るって!?

虎ノ門のアンダーズ東京で

開催されている、

ショートムービーフェスティバル。

1分から25分という

短いフィルムをセレクトして

1時間程にまとめたものを

上映しています。

その中に忘れられない

映像があったので紹介します。

アメリカのメーカーP&Gが、

商品キャンペーンの一環として

ある”実験”を行いました。

それは、数名の男女に

「女の子らしく走ってみて」

となげかけ、

アクションしてもらうというもの。

対象となった男女数名は皆、

か弱く、身体をくねくねさせて走ったり

ふらふら、なよなよ内股で走ったり。

Onnnanoko

Otoko

「女の子らしく投げてみて」

 

「女の子らしく戦ってみて」

にも同様に、

ゆる~くやる気がない感じで

投げてみせたり、

よわよわしくへなちょこに戦う素振り。

観ていてあまりいい気持ちしない(-ε-)

次に、まだ幼い子どもたちに

同じ問いを投げかけると・・・

髪を振り乱して必死に走る子!

歯を食いしばり力強くパンチを繰り出す子!!

とても自由で勇ましい少女たちの姿!!!

Likeagirl04

Likeagirl06

030ede285752c2a96034a4e87e124971

326ad114c2eafe7847d2ca9de4f323a2

レポーターがひとりの少女に問いました。

「女の子らしく走るって何?」

少女はこう答えました。

「全力で走ること。」

社会で少女が成長していく過程では、

いろんな場面で幾度となく

「女の子らしくしなさい」

と言われます。

そのたびに、

《ありのままのわたしじゃダメなのか?》

と自信をなくしてしまう(;д;)

そして周囲の大人たちが

自分の固定観念で

「女の子らしさ」を示すので、

成長とともにその渦に

巻き込まれてしまうのですね。

「女の子らしい」

って、そもそもおかしな言葉。


《女性らしい》とは、

《自分らしい》

 

ことだって、

思い出させてくれたのは

まだ幼いありのままの少女たち!!

ありがとう(o^-^o)

Uploaded

It means run as fast as you can.                                                            

 

以下のリンクで視聴できます。

https://www.youtube.com/watch?v=XjJQBjWYDTs                                       

 

 

|

2016年6月10日 (金)

心に成績はつけられない

P6187621_2

小学校学期末の成績表、
音楽図工算数は得意だったけど
理科は勉強する気なし(ー_ー)!!
幸いわたしの両親は
成績に関して叱ったりしなかったので救われましたが・・・。

花遊では、新人スタッフに

「花の名前テスト」

を行うことがあります。
それはあくまでも
出来るようになるための手助けであり、
評価が目的ではありません。
『学校教育』もそうなればよいのにとおもいます。

わたしが新人の頃、
社長からたまに不意に贈られる

「花の名前テスト」

は特に厳しいものでした。

花を見て名前を答えるのではなく、
3cm位に切った茎だけを20種類程並べられ
それを見て花の名前を答えていくというもの。

はじめはびっくりしましたが、
そのお蔭で
花の顔だけではなく、
茎や葉の状態が大切なのだと感じるようになり
その美しさも好きになりました。
花の鮮度は葉で見分けられるようになったし
脇役であるはずの茎や葉や実や根を
生かしたデザインなども試みるようになりました。

《好きな気持ち》

って、強制的に教えられるものではなく
自然と芽生えるもの。
それなのに・・・。

これってどこの国?と耳を疑った、嘘みたいな話が!
2年後から小学校では子どもの

《愛国心》

に成績をつけることになったというニュース。
一年遅れて中学校でも同様になるのだとか。
しかも中学高校受験の内申書にも書かれるって、
脅しのようで本当に背筋が凍ります。

自分が生まれて育った国を愛せたらすばらしいけど
そんな気持ちは自然に芽生えるものでは?
ありのままの心を奪う
「気持ちの押しつけ」は、到底教育と呼べませんよね。
子どもの自由や自尊心は?

心に点数をつけることで、子どもの言葉をコントロールして
一体、どこへ向かっていくのでしょうか。

|