« 日本じゅうに春が訪れますように。 | トップページ | 上海での初レッスン。花のあるライフスタイル in 上海 Vol.1  »

2011年4月23日 (土)

いま結婚式

みんなが沈んでいる今、                                                     結婚式をすることがはたしてよいのだろうかと                                                    なやむ人は少なくありません。

先日も、数か月後に結婚式をひかえている                             新婦様からそのような思いを打ち明けられました。

自分たちだけがしあわせで                                                             美味しいものをたべて祝福されて                                                きれいに着飾って                                                           ほんとうによいのだろうかと。

わたしはこう思います。

いまこんな時だからこそ、                                                                   ハッピーオーラを惜しみなく、家族や親しい人たちに分けてあげて、                                            ため息がでるくらい素敵にウエディングドレスを着こなして、                                               そして、                                                                           ここにある幸せをリアルに感じてもらうことで、                                                   みんなの気持ちをあかるくする。

希望を手にとってもらう。                                                            それだけでもいま結婚式をあげることは意味深いものだと。

日本が元気をなくしていて、しずんでいる人がたくさんいます。

だから被災地にいない自分も、                                                                   幸せになるのが申し訳ないとか                                                              お洒落をするのが不謹慎だとか                                                               美味しいものを食べるのが贅沢だとか                                                        そういうことを考えていつまでも自粛するのは、果たして前向きでしょうか。

その思いは分からなくないけれど                                                           そういうことをずっとつづけていくことで                                                             いったい日本はどうなるのでしょう。

・・・・・・・・・

幸せに向かってどんどん前に進みましょう!                                                      日本を再び幸せで満ち溢れた国にするためにも。

わたしたち日本人の心の傷は深く、決して消えることはありません。

いま、こんな時だからこそ、結婚式をあげる。                                                       それは大変意味のあることだとわたしは思うのです。

|

« 日本じゅうに春が訪れますように。 | トップページ | 上海での初レッスン。花のあるライフスタイル in 上海 Vol.1  »