« 薫り高き花の楽園へ | トップページ | クレマチスのように。 »

2009年4月 1日 (水)

2009・桜

「桜が咲いてきましたね。」                                                              こんな言葉が挨拶代わりになる季節。                                                      昨年と同じようでいてまた違う顔をした桜がお目見えです。                                      「○○通りの桜は八分咲き。」                                                                「うちの前の遊歩道の桜は一本だけ満開!」など、                                            花遊でも各自の通勤ラインに見る桜情報を交換する毎日です。

桜は特別。                                                                       きれいなものや嬉しいこと、かなしいことを桜に例えて云う。                                                           <サクラサク>とか<サクラチル>なんて、                                              合否を桜に例えた昔のひとのセンスって素敵ですよね。                                    ほかにも桜にちなんだ日本のことばはたくさんあります。                                   桜色、桜吹雪、桜餅、桜貝、桜えび。                                                       乳母桜。                                                                      花は桜木、人は武士。

ともかくこの季節は、何がなくてもなんとなく浮かれ気分。(常に上機嫌?)                            日常の慌ただしさも忘れ、ついついそぞろ歩いてしまいます。                                   桜に見とれてどこかに頭をぶつけないようにしなくては。(とくに私・・・)                           

|

« 薫り高き花の楽園へ | トップページ | クレマチスのように。 »